離婚相談から見える離婚後の生活基盤

離婚相談から離婚の準備

離婚後の生活基盤の確保

生活基盤の確保といいますが、簡単なことではありません。
離婚をするということは扶養者から外れてしまい、これから自分で生活費を稼ぐ必要があります。特に子供の親権を得ていた場合には、これからの子供の自分の生活に不安を感じる人は多いです。

 

結婚をする前に仕事をしていた場合には、働くことに対しての不安は少ないと思います。
しかし、子供を育てながら独身時代と同じように働こうとするのは無理な話です。

 

多くの場合、この子育てと仕事の両立が困難になってしまい、子育て仕事両方に支障をきたしてしまう人は多いです。

 

生活基盤を得るために、昔勤めていた会社へ戻る人もいますが、新たに職場を探す人もいます。

 

新たに職場を探すとき、または職場が決まってからの注意点として覚えておいてもらいたいのは、子供の中心の生活を送ることです。

 

子供の世話を日中で受け持ってくれる両親などのバックアップがあるか?
または母友や昔からの友人などにも協力してもらうことが出来るか?
保育園や託児所などが暮らしているところの近くにあるのか?

 

など、子供を育てることに必要なことをクリアした上で仕事をおこなうといいでしょう。
子供の中心の生活を生活基盤の中で確立することに注力すれば、新たな生活を考えやすいのではないでしょうか。


ホーム サイトマップ